2018年6月17日(日)事例検討会開催報告

みなさま、こんにちは。少し遅くなりましたが、先日開催された事例検討会の報告をさせていただきます。今回も19名のご参加があり、大変盛況の事例検討会となりました。

今回も2つのグループに分かれて、状況の把握から見立ての検討まで行いました。1件は、50代男性の求職者のケース。もう1件は、40代男性の求職者のケースです。
第1ステップでは、参加者から投げかけられる質問を通じて、事例提供者と事例をめぐる状況が徐々に明らかにされていきました。第2ステップでは、事例そのものに対する見立ての検討が行われました。様々な業界のキャリアコンサルタントから、違った視点、考え方を知る機会になりました。
次回は、9月下旬の開催を予定しています。

1.日時
2018年6月17日(日)13:15~17:00

2.場所
I-site なんば A1,A2 会議室

3.出席
19名

4.参加者の感想

  • 事例について、多角的な視点で考えることができた。
  • 仕事柄、自身が扱うケースに直結した事例だったこともあり、今まで私自身が持っていたモヤモヤした部分に気付くことが出来たような気がする。
  • 第2ステップのケース・フォーミュレーションシートで見立てを書きだしたことで、より自身の考えが明確になった。
  • 問題把握、特にキャリアコンサルタント視点の捉え方、深め方について体感できた。
  • 客観性の持続、俯瞰的に見る感覚が必要だと痛感した。
  • 見立てが自身の経験上からの話になり、指示的になっていないか気になった。

 

2018年5月27日(日)2018年度第1回定例会開催報告

2018年度第1回定例会を、法政大学キャリアデザイン学部教授:廣川 進先生をお招きして、「働く意味をみつける物語り」~キャリアカウンセリングにナラティブ・アプローチを使ってみる~ と題した勉強会を開催しました。

昨今、キャリアコンサルティングの中でも注目されているナラティブセラピーの考え方や技法などを、「キャリア支援の現場に導入するとどんな感じになるのか」いう観点でインタビューを体験していただきました。当日は廣川先生の語り口と丁寧な説明のおかげで、参加者のみなさんも真剣に、また楽しく聞き入る様子がとても印象に残っています。

関西支部では、これからも技能士会会員の役に立つ自己啓発の機会を提供してまいりたいと考えております。
みなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

1.日時
2018年5月27日(日)13:30~16:45

2.場所
新大阪丸ビル新館509号室

3.出席
57名

4.講義内容

  • なぜ今、キャリアカウンセリングにナラティブ・アプローチなのか
  • DVD「おもいでぽろぽろ」視聴
  • ナラティブ・アプローチ解説
  • キャリア構成インタビュー(CCI)を体験する

■高畑勲監督の『おもいでぽろぽろ』から
現在の自分の中に過去の自分がいる。(映画のなかでは10歳の思い出)
ちょっとダメな自分、思うようにいかなかった過去、低い自己評価、支配的なストーリー、問題の内在化、そして未来がある。人生はストーリー。

■キャリア構成インタビューから
「子どもの頃、誰を尊敬していましたか」
「あなたのヒーローは誰でしたか」
「ふだん、どんなTVや雑誌、ウェブサイトを見ていますか。3冊上げてください」
「今、本や映画で好きなストーリーを聞かせてください」
幼いころから現在に至るまで共通することがある。

5.参加者からの質問
Q.4人のレンガ職人となっているが誤植なのか?
A.3人の例が上がっているが、AとBの間にもう一人の職人がいるという考えもある。単にレンガを積んでいるのではなくこだわりをもっている。大聖堂を作るまでもないがその間です。

Q.キャリア構成インタビューで子供のころまで戻って質問をしないといけないのか。それを嫌がる人もいるのではないか?
A.嫌がるのであれば子どもの頃まで戻る必要はないです。

(当日の様子)

2018年3月11日(日)特別研修会開催報告

2018年3月11日(日)に関西支部2017年度特別研修会を開催し、80名(満員御礼)の皆さまに参加いただきました。
今回は、2016年度の特別研修会にご登壇いただきましたアドラー心理学の第一人者、有限会社ヒューマン・ギルド代表の岩井俊憲氏と、研修講師として大手企業、法務省等官公庁へ多数出講されている一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実氏をお招きし、

「キャリアコンサルタントに必要な人と組織への働きかけ」
~アドラー流マネジメント&アンガーマネジメント~

と題し、非会員の皆さまも含めたオープン参加の特別研修会として開催しました。

当日は、岩井先生、戸田先生お二人ともに、わかりやすく笑いも交えた講義をしてくださり、アドラー心理学やアンガーマネジメントにこれまで馴染みの無かった方でも、関心を持てるように工夫してくださいました。
岩井先生からは、傾聴に終始するカウンセリングとアドラー派の違いをお伺いして、現実的でありながら楽観的な物事の捉え方・考え方の良さを学ぶことができました。また、戸田先生からは、怒りも正常な感情のひとつであり、抑えたり消したりするのではなく上手く付き合うことが大切であるということに気づかせていただきました。

今回も2年前同様に、技能士会会員以外のキャリア関連有資格者の方も参加ができるようにしたことで、フレッシュなメンバーがたくさん参加されました。これも特別研修会ならではの魅力です。今回の特別研修会が、キャリアコンサルタントどうしの交流を広げる場としてもお役立てできましたなら、なお一層嬉しく思います。

引き続き、関西支部では定期的な学びの機会を提供してまいりたいと考えておりますので、皆さまもどうぞお気軽にご参加ください。

■開催記録
日時:2018年3月11日(日)13:30~17:00
場所:新大阪丸ビル別館1-1
参加:80名・満員御礼

■当日の様子

2018年3月18日(日)事例検討会開催報告

最近は大変人気の事例検討会ですが、今回は参加者が18名と非常に多かったこともありましたので、部屋を2つに分け、それぞれで事例を取り上げて進めました。ただ課題点を見つけるだけではなく、状況の把握から見立ての検討まで一連の流れを通して行なうことで、キャリアコンサルティングのプロセスに沿った学びにつながるように工夫をいたしました。
次回は6月の開催を予定しております。

1.日時
2018年3月18日(日)13:15~16:30

2.場所
I-site なんば S4,S5 会議室

3.出席
18名

4.参加者の感想

  • 様々な分野、キャリアの中でご活躍されている参加者の皆さんから、多様な視点からの質問や見立てにより、気づきの範囲が広がり、とても貴重な学びを得ることができた。
  • 事例提供者が元気になってもらうことが大切だと思った。PCAGIPだからできることだと感じた。
  • 色々な人の見立てを通して、自分になかった視点を見つけられた。アセスメントツール、価値観を見極めるためのツールについて、参考になる情報が得られた。
  • いつもは、職場内の限られた空間で1対1で行うので、今日のように多くの方の、
    様々な立場からの視点で質問が聞けたのが良かった。
  • 多人数の意見が聞けることは、とても有意義である。一緒に考える時間があることは、互いに安心な時間であるとも思う。
  • 多面的な考え方を理解できることは、とても重要な時間と感じている。自分の価値観のみでクライエントを見ないよう、実践に活かしたい。

 

2017年5月14日(日)定例会開催開催報告

みなさま、こんばんは。本日は大変な暑さの中、実技トレーニング(面談メカニズム体得編)に30名の方がお越しください2017年5月14日(日)に関西支部2017年度第1回定例会を開催し、32名の会員に参加いただきました。

今回は、関西大学の五藤勝三先生をお招きし、大学生気質の変化、今、昔と題した勉強会を行ないました。長らく学生支援の間近におられた五藤先生ならではの貴重なお話をうかがうことができ、教育機関領域の支援について見識を深めることができました。特に、近年の学生気質に関しては参加されたみなさまの関心も高かったようです。

今回は、アンケートデータがありませんので、開催の概要と、イメージが伝わるように当日の写真をご用意しました。
今後も関西支部の活動に、より多くのみなさまがご参加くださることを楽しみにしています!

■開催記録
日時:2017年5月14日(日)13:30~17:00
場所:新大阪丸ビル新館711
参加:(氏名省略)32名

■当日の様子

2016年12月18日(日)事例検討会開催報告

今回提供された事例は、企業から退職勧告を受けて退職した求職者へのキャリアコンサルティング事例です。
キャリアコンサルタントの立場と、元同僚という立場、また通常のキャリアコンサルティングの範囲を超えた支援を行う者としての立場等、「専門職の役割」について深く考えさせられる事例でした。
また、「ケースの概念化」においては、キャリア発達(ライフキャリア・デザイン)、パーソナリティ、人生の克服課題、喪失のプロセス等々、多様な視点からクライエントの見立てが検討されました。

1.日時
2016年12月18日(日)13:30~16:30

2.場所
I-site なんば S3 会議室

3.出席
12名

4.参加者の感想

  • 様々な視点で考えられる事例でした。
  • 確かに「できていないこと」の指摘をするだけではダメだと思いました。
  • つい指導的に考えてしまいがちな自分の傾向がわかりました。
  • 事例検討会に初めて参加し、グループの様々な人の意見や見方、考え方が聞けて大変参考になりました。
  • 自分の考え方が分かったとともに、メンバーの多様な考え方もわかった。
  • 事例提供者への指摘が、そのまま自分自身にはね返ってくるような感じを受けました。

 

2016年10月2日(日)事例検討会開催報告

今回提供された事例は、生活困窮者へのキャリアコンサルティング事例です。
キャリアコンサルタントと行政担当者とクライエントとの3者間の関係性や、クライエントの置かれた家族関係など、多様な視点から事例を眺めることができました。
また、クライエントが抱く思い込みと同じように、事例提供者・事例検討者にも独自の思い込みがあり、それに気付く困難さを客観的に感じ取ることができました。
*PCA…Person-Centered Approachの略。

1.日時
2016年10月2日(日)13:30~16:30

2.場所
I-site なんば A1 会議室

3.出席
13名

4.参加者の感想

  • 普段接することの無い事例と向き合うことができるので、大変勉強になりました。
  • 板書を通して「見える化」することによって、考え方が整理できた点が良かった。
  • 初めての参加でした。見立てについて複数の参加者からの問いかけによって、私個人だけの見立てをさらに客観視できるものだと思いました。
  • 学生の支援に関わっていますが、事例検討会に参加することで、状況を複数で共有化することの必要性を強く感じました。
  • 話題提供者の感想を聞き、質問の難しさを改めて感じました。

 

2016年8月6日(土)特別研修会の様子(追加photo)

8月6日(土)に開催された特別研修会では、当日に即席サイン会が開催されました。参加者の方が「サインください」という一言を発せられたのをきっかけに、自然発生的に人が集まりだし、あれよあれよという間に行列ができていました。せっかくですので、その時の様子もここに掲載いたします。関西支部ならではの雰囲気が伝われば嬉しいです。
(写真をクリックすると大きなサイズで見ることができます)

 

 

 

 

2016年8月6日(土)特別研修会開催報告

2016年8月6日(土)に関西支部2016年度特別研修会を開催し、50名(満員御礼)の皆さまに参加いただきました。

今回は、『勇気づけの伝道師』をライフワークとされ、アドラー心理学に関連する多くの著書を出版されているヒューマン・ギルド代表の岩井俊憲氏をお招きし、アドラー心理学とキャリアコンサルティング~勇気づけを現場に活かす~と題して、特別研修会として開催しました。
アドラー心理学の基本を理論と技法の両側面から学び体験していただきました。ユング、フロイトに並び称されるアドラーの心理学を講義とワークを通じて理解を深め、現場で活かしていただくことをねらいとしての開催です。

当日は、岩井先生の温かくユーモアあふれる、それでいて内容の濃い講義で、会場には常に笑いがあふれ、まさにあっという間の時間でした。数ある心理学の中でもアドラー心理学の優れた点として、現場・現実での活用がしやすい点を掲げておられ、日々クライアントとの対応に知恵をしぼり、研鑽を重ねるキャリアコンサルタントにとっては、非常に有意義な学びになりました。

アンケートの結果でも、満足度、理解度、実践意識度ともほぼ100%となり、充実した研修会となりました。以下に、参加者からいただいたコメントを一部紹介します。

  • 楽しい雰囲気の中で、アドラー心理学のエッセンスを学べました。キャリアコンサルティングとの親和性を改めて感じました。
  • 座学だけではなく、二人ペアのワークが数多く用意されていたので、知識を体感で深めることができた。
  • とてもわかりやすいお話で、独学ではわかりにくかったアドラー理論の本質を知れた気がする。
  • 内容はもちろん、講座の進め方まで含めてとても参考になった。

 
他にもたくさんのコメントをいただきました。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございます。
今回は、技能士会会員以外のキャリア関連有資格者の方も参加ができるようにしたことで、また新しい仲間の輪が広がったこと、技能士資格取得を目指して頑張るという新たな目標を立てる方がいらっしゃったことなど、これまでの定例会とは違った、新たな刺激にもなったようです。技能士会の活動とその理解に資するものとなりました。

引き続き、関西支部では定期的な学びの機会を提供してまいりたいと思いますので、みなさまお気軽にご参加ください。

■開催記録
日時:2016年8月6日(日)13:00~17:00
場所:新大阪丸ビル新館809
参加:(氏名省略)50名・満員御礼

■当日の様子

2016年7月18日(月・祝)実技トレーニング1 (面談メカニズム体得編) 開催報告

みなさま、こんばんは。もうまもなく、関西も梅雨明けを迎える頃でしょうか。
本日は大変な暑さの中、実技トレーニング(面談メカニズム体得編)に30名の方がお越しくださいました。満員御礼です!ありがとうございます。
本日は、アンケート等は取っておりませんので、開催の概要と、イメージが伝わるように当日の写真をご用意しました。
今後も関西支部の活動に、より多くのみなさまがご参加くださることを楽しみにしています!

■開催記録
日時:2016年7月18日(日)10:00~17:00
場所:新大阪丸ビル新館300
参加:(氏名省略)26名
内容:

  • 面談のメカニズム
  • 実践上の留意点
  • 実技指導(ロールプレイとフィードバック)
  • 質疑応答など

■当日の様子