2016年10月2日(日)事例検討会開催報告

今回提供された事例は、生活困窮者へのキャリアコンサルティング事例です。
キャリアコンサルタントと行政担当者とクライエントとの3者間の関係性や、クライエントの置かれた家族関係など、多様な視点から事例を眺めることができました。
また、クライエントが抱く思い込みと同じように、事例提供者・事例検討者にも独自の思い込みがあり、それに気付く困難さを客観的に感じ取ることができました。
*PCA…Person-Centered Approachの略。

1.日時
2016年10月2日(日)13:30~16:30

2.場所
I-site なんば A1 会議室

3.出席
13名

4.参加者の感想

  • 普段接することの無い事例と向き合うことができるので、大変勉強になりました。
  • 板書を通して「見える化」することによって、考え方が整理できた点が良かった。
  • 初めての参加でした。見立てについて複数の参加者からの問いかけによって、私個人だけの見立てをさらに客観視できるものだと思いました。
  • 学生の支援に関わっていますが、事例検討会に参加することで、状況を複数で共有化することの必要性を強く感じました。
  • 話題提供者の感想を聞き、質問の難しさを改めて感じました。