2015年2月22日(日)定例会の様子(追加photo)

2月22日(日)に開催された定例会当日の様子について、前回の記事に載せたもの以外にもたくさんの写真がありますので、ここに掲載いたします。関西支部ならではの雰囲気が伝われば嬉しいです。
(写真をクリックすると大きなサイズで見ることができます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年2月22日(日)定例会開催報告

2015年2月22日(日)に関西支部2014年度第4回定例会を開催し、47名の会員のみなさまにご参加いただきました。
今回は、わが国におけるキャリア・コンサルティング理論と実践の第一人者でいらっしゃいます木村周先生をお迎えし、わが国のキャリア・コンサルティングを取り巻く今日的な重要課題について、大変貴重なお話を頂戴することができました。

はじめに、参加者が9グループに分かれて、1)キャリア・コンサルタントのあるべき姿、2)キャリア・コンサルタントの倫理、3)キャリア・コンサルタントと理論のテーマから、各グループがそれぞれのテーマを選択し60分間のディスカッションを行いました。
各グループにおけるディスカッションは冒頭から白熱し、所定時間を延長するほどの盛り上がりを見せました。その後、各グループによるプレゼンテーションを行い、各グループの発表に対して、木村先生から一つひとつ丁寧に、貴重なコメントやアドバイスをいただきました。

キャリア・コンサルタントのあるべき姿のプレゼンテーションに対しては、「バブリックな立場を自覚しつつも、まずは組織の役に立っていることを明確な成果として示す必要があるのではないか」「キャリア・コンサルタントには環境介入という大きな役割が期待されている」「現状ではメンタルヘルスの知識の習得だけに留まっているが、今後はメンタルヘルスを支援するスキルも求められてくるだろう」等々、多くの示唆に富むコメントをいただきました。

また、わが国にキャリア・コンサルタント資格を導入した際の議論にも触れ、キャリア・カウンセリングの概念を超えるために、キャリア・コンサルティングという名称を使用したことや、その意味するところはキャリア・コンサルタントは、来談者中心を基本としながら(カウンセリング機能)、ガイダンスも行う役割を担う点にあることなど、改めて私たちの役割を再認識する言葉をいただきました。

定例会終了後には、木村周先生のおはからいもあり、木村周先生を囲む会(関西支部懇親会)も盛大に開催されました。懇親会では、参加者が持参した木村先生の著書『キャリア・コンサルティング理論と実際』に、一人ひとり異なったメッセージを添えてサインもいただくことができました。

■開催記録
日時:2015年2月22日(日)13:30~17:00
場所:新大阪丸ビル新館402
参加:(氏名省略)47名

〈第1部〉講座

  1. 自己紹介
  2. グループディスカッション:キャリア・コンサルタントのあるべき姿・倫理・理論
  3. グループ発表
  4. 木村先生からのグループ別コメント
  5. キャリアコンサルタントの将来(木村先生からのコメント)

〈第2部〉懇親会(居酒屋にて)

■受講の様子

2015年2月22日(日)定例会開催のご案内

今回の定例会では、みなさまもよくご存知の、わが国におけるキャリア・コンサルティング理論と実践の第一人者でいらっしゃいます木村周先生をお迎えし、技能士会会員のみなさま同士の意見交流の機会をつくりたいと考えています。

具体的には、キャリア・コンサルティングに関するテーマについて、グループディスカッションを行い、木村先生との質疑応答や貴重なアドバイスを頂戴しながら、相互の気づきを共有し、今後の私達キャリア・コンサルタントの成長と発展に向けた課題や方向性について、検討して参りたいと考えます。また、木村周先生のおはからいもあり、定例会終了後には、木村周先生を囲む会(関西支部懇親会)も開催させていただきます。

木村先生をお招きしての、またとないこの機会に、是非ご友人・知人の会員の皆様へもお声がけをいただき、より多くの皆様にご参加いただければ幸いに存じます。

1.日時
2月22日(日曜日) 13:30~17:00 (受付は13:15~)
*別途懇親会有り(17:30~19:30 を予定)

2.場所
新大阪丸ビル新館 402会議室(大阪市東淀川区東中島1丁目18-27)   
   
3.講師
木村 周(きむら しゅう)氏   
(略歴)東京教育大学教育学部心理学科卒業。旧労働省入省(心理職)、職業安定行政(ハローワーク、都道府県、労働省)において職業指導、職業紹介、雇用政策の実務、行政研究所(現労働政策研究・研修機構)において職業指導研究、労働研修所(現労働大学校)において行政職員研修などに 30 年余携わる。
職業指導研究部長、労働研修所主幹などを歴任。その後、筑波大学教授(心理学系)として、大学、大学院(教育研究科修士課程)において職業心理学、職業カウンセリング、産業心理学を担当。
「人は働くことによって、真に学ぶことができる」が信条。著書に『キャリア・コンサルティングの理論と実際(3訂版)』(平成 25 年 5 月)など多数。

4.会費
定例会 2,000円
懇親会 3,000円(予定)
※定例会参加費2,000円は事前振込(期限:2/18)をお願いしております。
(なお、振込人名義は参加者氏名で、また、欠席の場合でも返金はいたしませんのでご了解のほどお願いいたします)

※懇親会をキャンセルされる場合、前日までに懇親会のキャンセル処理(または連絡)をお願いいたします。当日キャンセルされる場合は会費を徴収させていただきます。

5.申込み
こちらからお申込みいただけます
※外部の予約専用サイトにつながります。

6.問合せ先
中山敬介 bastar-009@dream.jp

2014年12月23日(火・祝)定例会開催報告

2014年12月23日(火・祝)に、関西支部2014年度第3回定例会が開催され36名の会員が参加されました。

今回の定例会は、ケース記録の作成法という非常に実務的で、現場ですぐに役立つテーマであったため、参加者のみなさまも、いつもの明るく楽しくという気持ち以上に、真剣そのもので臨んでおられました。講師を務めていただいた1級キャリア・コンサルティング技能士の文川先生の鋭く的確な指摘と、それでいてユーモアの交じった軽快な話しぶりに、みなさん自然と引き込まれておられました。

アンケート結果でわかったことですが、今回の定例会の参加目的として「ケース記録の取り方について、きちんと体系的に学んだことが無かった」という声が目立ちました。そのことからも、キャリア・コンサルティング技能士の技能向上に資する内容として、この定例会が非常に役に立ったようです。

以下に、参加者から頂いたコメントの一部を紹介します。

  • ケース記録を書く意義が、ただの報告書ではなくCLのため、ひいては自己理解を深めるツールと分かった。
  • カウンセラーの心理的能力、自己洞察、内心の声を聴く等がカウンセリングの深まりに直結すると実感できて頑張る気持ちが湧いた。
  • もっと早く、もっときちんと知っておきたかった事。とてもわかりやすく興味を持てた。
  • カウンセラーの気持ちを記入するというポイントは新鮮だった。自分の気持ちに目を向ける重要性が分かった。
  • メンタルヘルスに関するキャリア・コンサルタントの関わり方を学べました。
  • ケース記録の書き方を学ぶ機会が無く、我流になりつつあったので良かった。

 
関西支部では、これからも技能士のみなさまの技能向上および交流の機会を提供していきたいと考えています。そのためには、みなさまのお力添えと、より多くの方のご参加が欠かせません。今後の定例会でも、またお会いできることを楽しみにしております。

■開催記録
日時:2014年12月23日(火・祝)13:30~17:00
場所:新大阪丸ビル新館 909会議室(大阪市東淀川区東中島1丁目18-27)
参加:(氏名省略)25名

■受講の様子

2014年12月23日(火・祝)定例会開催のご案内

今回は、1級キャリア・コンサルティング技能士の文川 実(ふみかわ みのる)氏を講師としてお迎えし、ケース記録の作成法 ~内的キャリア開発の視点からケース記録の書き方を学ぶ~について研修していただきます。
ケース記録の作成に習熟することは熟練レベルとしての能力向上はもちろん、指導レベルのスキル獲得を目指す上でも、不可欠のものです。内的キャリア開発の視点も持った形でのケース記録作成法について講義いただきます。多くの皆様の参加を、お待ち申し上げます。

1.日時
12月23日(祝・火曜日) 13:30~17:00 (受付は13:15~)
*別途懇親会有り(17:30~19:30 を予定)

2.場所
新大阪丸ビル新館 909会議室(大阪市東淀川区東中島1丁目18-27)   
   
3.講師
文川 実(ふみかわ みのる)氏   

4.会費
定例会 2,000円
懇親会 3,000円(予定)
※定例会参加費2,000円は事前振込(期限:12/17)をお願いしております。
(なお、振込人名義は参加者氏名で、また、欠席の場合でも返金はいたしませんのでご了解のほどお願いいたします)

※懇親会をキャンセルされる場合、前日までに懇親会のキャンセル処理(または連絡)をお願いいたします。当日キャンセルされる場合は会費を徴収させていただきます。

5.申込み
こちらからお申込みいただけます
※外部の予約専用サイトにつながります。

6.問合せ先
中山敬介 bastar-009@dream.jp