2014年8月24日(日)定例会開催報告

2014年8月24日(日)に関西支部2014年度第2回定例会を開催し、47名の会員の皆様に参加いただきました。

今回の定例会では、株式会社ジャパンEAPシステムズ代表取締役社長 松本桂樹先生を講師としてお招きし、「メンタル不調を抱えたクライエントに対するキャリア支援」と題して事例検討会を行いました。
8グループに分かれての事例検討のあと、全体発表、講師との質疑応答が行われ、最後に講師からポイント解説をいただきました。
主な論点として、1)休職・復職制度の基本、2)クライエントに係る関係者の役割の整理(上司、産業医、人事、主治医、等々)、3)キャリア・コンサルタントとして、上記関係者との連携・調整のあり方、4)守秘義務、5)その他の注意点等、多岐に渡る視点から、検討が行われました。
また、ポイント解説では1)職業性ストレスモデル、2)疾病生と事例性の視点、3)休職・復職支援の基本、4)職場復帰可否の判断基準、5)納得形成における注意点等を分かりやすく解説いただき、大変有意義な3時間を過ごすことができました。

以下に、参加者から頂いたコメントの一部を紹介します。

  • 様々な立場のキャリア・コンサルタントからの意見が聞けて、とても満足できた。
  • 考え方の方向性、整理の仕方がよく理解できた。
  • 最近増えている“うつ病”のクライアントの事例研究ができた。
  • EAPがどのように機能するか、具体的に知れてよかったです。
  • メンタルヘルスに関するキャリア・コンサルタントの関わり方を学べました。
  • 知識面で乏しい部分を補強できたので満足できました。
  • 次回の定例会は、2014年12月7日(日)午後に開催予定です。
    多くの方の参加をお待ちしています。

    ■開催記録
    日時:2014年8月24日(日)13:30~16:45
    場所:新大阪丸ビル新館909会議室
    参加:(氏名省略)47名

    〈第1部〉
    松本桂樹講師「メンタル不調を抱えたクライエントに対するキャリア支援」
    (1)事例検討会
     (2)発表 & 全体討議
     (3)ポイントの解説
    〈第2部〉
    懇親会(居酒屋にて)

    ■ディスカッション・発表の様子

    2014年8月24日(日)定例会開催のご案内

    2014年度第2回定例会は、EAPの第一人者であられる松本桂樹氏をお呼びして、メンタル不調を抱えたクライエントに対するキャリア支援の事例検討と題して、事例紹介、みなさまとの意見交換などを企画しています。
    この機会を活用してメンタル不調を抱えるクライエントへの取り組み、関係者との連携、守秘義務などに関して知見を深めるとともに会員各位の交流を深めていただけると幸いです。
    多くの皆様の参加をお待ち申し上げます。

    1.日時
    8月24日(日) 13:30~16:45 (受付は13:15~)
    *別途懇親会有り(17:00~19:00 を予定)

    2.場所
    新大阪丸ビル新館 711号室
       
    3.講師
    松本 桂樹(まつもと けいき)氏
    (略歴)1969 年東京都生まれ。東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了。
    臨床心理士、精神保健福祉士、2級キャリア・コンサルティング技能士、シニア産業カウンセラー。
    臨床心理士として精神科医療機関に勤務の後、日本初の EAP 専門会社であるジャパン EAP システムズに入社。
    現在は同社の代表取締役社長、法政大学大学院兼任講師。著書多数。
     
    4.会費
    定例会 2,000円
    懇親会 3,000円(予定)
    ※定例会参加費2,000円は事前振込(期限:8/15)をお願いしております。
    (なお、振込人名義は参加者氏名で、また、欠席の場合でも返金はいたしませんのでご了解のほどお願いいたします)

    ※懇親会をキャンセルされる場合、前日までに懇親会のキャンセル処理(または連絡)をお願いいたします。当日キャンセルされる場合は会費を徴収させていただきます。

    5.申込み
    こちらからお申込みいただけます
    ※外部の予約専用サイトにつながります。

    6.問合せ先
    田崎 chikako@yuukyu.jp